プレスリリース

2017年度

次世代省エネ型VLCC"FRONT EMPIRE"引渡

2018.01.16

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:東京都港区、社長:三島 愼次郎)は、1月16日(火)、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)にて建造していた、FRONT EMPIRE INC.(フロント エンパイア インコーポレイテッド)向けVLCC "FRONT EMPIRE(フロント エンパイア)"を引き渡しました。
 
 本船は、スポットトレード向け最適船型として累計35隻以上の建造実績を誇る2百万バレル型VLCCの系譜を受け継ぎ、最新規則を適用しつつ燃費性能の大幅向上を目指して開発された、次世代省エネ船「Gシリーズ」の VLCCです。
 VLCCとしてはコンパクトな船型ながら、浅喫水時の載貨重量最大化を追求し、マラッカ海峡通峡を含む東西トレードに対応できるフレキシビリティーを持っています。

【主要目】
主要寸法   : 全長 330.00m x 幅 60.00 m x 深さ 29.35 m x 喫水 21.58 m
載貨重量   : 303,120トン
総トン数    : 156,391
主機関     :MAN B&W 7G80ME-C9.2 ディーゼル機関1基
航海速力   :15.8ノット
定員      :28名
船級      :ABS
船籍      :マーシャル諸島

【特長】
・弊社独自の省エネデバイスであるSuper Stream Duct®、SURF-BULB®、ALV-Fin®を採用しています。
・Ax-Bow®と呼ばれる船首形状、及び、低風圧居住区の採用により、実海域性能を向上させています。
・低回転・ロングストロークタイプのG型エンジン(電子制御エンジン)、低摩擦塗料、大直径プロペラの採用により、従来船を大幅に上回る性能を
 達成しました。
・バラスト水処理装置の標準装備、NOx 排出規則Tier IIに適合するなど、様々な環境規制に対応しています。