プレスリリース

2017年度

次世代省エネ型バルクキャリア"MEGA BENEFIT"引渡

2018.01.17

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:東京都港区、社長:三島 愼次郎)は、1月17日(水)、舞鶴事業所(京都府舞鶴市)にて建造していたASIAEURO INVESTMENT S.A. (アジアユーロ インベストメント エスエー)向けの次世代省エネ型バルクキャリア(G81BC)"MEGA BENEFIT(メガ ベネフィット)"を引渡しました。
 
 本船は、種々の省エネ対策を講じて、燃料消費量を劇的に下げることにより、GHG(温室効果ガス)低減に成功した、次世代省エネ船「Gシリーズ」のパナマックスバルクキャリアです。

【本船概要】
主要寸法     :全長229.00m x 幅32.26m x 深さ20.0m x 喫水14.475m
載貨重量     :81,018トン
総トン数      :43,231
主機関       :MAN-B&W 6S60ME-C8.2 ディーゼル機関1基
航海速力     :14.50ノット
定員        :25名
船級        :DNV GL
船籍        :パナマ

【特長】
・最新の解析技術による低抵抗・高効率を追求した最適船型を開発、併せて、弊社独自の省エネデバイスであるSuper Stream Duct®
 SURF-BULB®の最適化により、従来船に比べ大幅な燃費削減を達成しています。
・GHG(*1)排出規制であるEEDI(*2)に対しては2020年以降の契約船に適用されるPhase2レベルを先取りして満足しています。
・LEADGE-BOW®と呼ばれる船首形状、及び、新騒音規則にも配慮した低風圧居住区の採用により、実海域性能を向上させています。
・電子制御エンジン、低摩擦塗料、大直径プロペラの採用により、本船の燃費性能を向上させています。
・バラスト水処理装置の装備、NOx 排出規則Tier IIに適合するなど、様々な環境規制に対応しています。
・バラストタンクにIMO PSPC(*3)規則に則った塗装を採用し、防食性能を向上させています。

弊社は今後も、経済性・環境性に優れた最新鋭のエコシップの開発・建造に努めてまいります。


*1 "Green House Gas"(温室効果ガス)の略
*2 "Energy Efficiency Design Index"(エネルギー効率設計指標)の略
*3 "Performance Standard for Protective Coatings"(塗装性能基準)の略