プレスリリース

2019年度

LNG燃料タンク用SPB®システムのライセンス供与について

2019.09.10

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:千葉 光太郎)は、9月9日、Wison (Nantong) Heavy Industry Co., Ltd.(本社:中国江蘇省南通市、以下Wison)に対して、LNG燃料タンク用SPB®システムの製造・販売ライセンス(以下、本ライセンス)を供与しました。

 ライセンス事業は、当社がSPB®システム(*1)の設計や技術的ノウハウを他社へ供与するもので、当社がSPB®システムの普及、ならびに製造ネットワークを拡大するための重要事業の一つとして位置付けています。

 Wisonは、過去に株式会社IHIからSPB®システムを調達し、自社建造するFSRU(*2)に搭載して無事顧客へ引き渡した実績があります。この実績とWisonの高い技術力・営業力を評価するとともに、中国における船舶向けLNG燃料の需要拡大に備えるため、Wisonへの本ライセンス供与を決定いたしました。

 今後、当社はWisonが受注するLNG燃料タンク用SPB®システムの設計供与および技術支援を行い、Wisonは当社の設計にもとづき、自社の製品としてSPB®システムを製造・販売する予定です。


*1 SPB®システム:
株式会社IHIおよび当社が開発した液化ガスを貯蔵するためのタンクシステムで、1980年代から今まで建造された全てのタンクが、一度も修理を必要としていない堅牢さを誇ります。また、スロッシングが発生しない構造のため、燃料消費により液位の変動があるLNG燃料タンクの安全性を向上します。


*2 FSRU:
浮体式貯蔵再ガス化設備(Floating Storage and Regasification Unit)