プレスリリース

2018年度

500トン型巡視船「なつい」引渡

2019.01.31

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:千葉 光太郎)は、1月31日(木)、横浜事業所鶴見工場(神奈川県横浜市)にて建造していた海上保安庁殿向け500トン型巡視船「なつい」(PM-58)の引渡を行いました。

 本船は平成27年度補正予算で計画された500トン型巡視船の2番船であり、船名は福島県南東部の阿武隈高地を流れる夏井川に由来しており、第二管区海上保安本部福島海上保安部に配属されていた先代「なつい」の船名を引き継いでおります。

 当社は、巡視船や護衛艦等の建造を通じて得られた技術・経験を元に、今後も高度な技術が必要とされる付加価値の高い船舶を建造してまいります。


【本船概要】
全長     :72.00メートル
幅       :10.0メートル
総トン数   :650トン