プレスリリース

2019年度

JMUマラッカ型VLCC"TANZAWA"引渡

2019.10.03

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:千葉 光太郎)は、10月3日(木)、呉事業所(広島県呉市)においてMANATEE SHIPHOLDING S.A. (マナティー シップホールディング エスエー)社向けに建造していたVLCC"TANZAWA (タンザワ)"を引渡しました。
 
 本船は弊社にて豊富な建造実績を誇る、マラッカマックス型VLCCの次世代船であり、2013年1月の弊社発足後初めて開発された"JMUマラッカ型VLCC"の8番船となります。マラッカマックス型VLCCは、中東-日本間の原油輸送において、マラッカ海峡を通峡するための最適船型として開発されました。当社の前身であるアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド、及びユニバーサル造船において、永年に亘って蓄積したVLCC開発のノウハウ、最新鋭の技術を結集した、次世代省エネマラッカマックス型VLCCです。

【本船概要】
主要寸法     :全長 339.5m x 幅 60.00 m x 深さ 28.50 m
載貨重量     :312,374トン
総トン数      :160,597
主機関       :WinGD W7X82 ディーゼル機関1基
定員        :34名
船級        :ABS
船籍        :パナマ

【特長】
・SOxスクラバー(*1)を搭載しており、2020年1月1日から一般海域へ適用される燃料油中の硫黄分濃度規制に適合しています。
・最新の解析技術による低抵抗・高効率を追求した最適船型を開発、併せて、弊社独自の省エネデバイスであるSuper Stream Duct®、SURF-BULB®、ALV-Fin®の最適化により、従来船に比べ大幅な燃費削減を達成しています。
・GHG(*2)排出規制であるEEDI(*3)に対しては2020年以降の契約船に適用されるPhase2レベルを先取りして満足しています。
・LEADGE-BOW®と呼ばれる船首形状、及び、新騒音規則にも配慮した低風圧居住区の採用により、実海域性能を向上させています。
・最新式電子制御エンジン、低摩擦塗料、大直径プロペラの採用により、本船の燃費性能を向上させています。
・バラスト水処理装置の装備、有害物質一覧表の保持に適合するなど、様々な環境規制に対応しています。
・貨物油タンク及びバラストタンクに塗装については、IMO PSPC(*4)規則を適用しており、また貨物油タンクの底板には耐食鋼を採用しています。

 弊社は今後も、経済性・環境性に優れた最新鋭のエコシップの開発・建造に努めてまいります。


*1 燃料油中の硫黄分濃度規制は、SOxによる環境への悪影響を低減するために世界一律で実施されるもので、SOxスクラバーは、低硫黄燃料油使用の代替手段として、主機関および発電機関からの排気ガスに海水を噴霧し洗浄させSOxを脱硫し、規制値以下に低減できる装置です。
*2 "Green House Gas"(温室効果ガス)の略
*3 "Energy Efficiency Design Index"(エネルギー効率設計指標)の略
*4 "Performance Standard for Protective Coatings"(塗装性能基準)の略