プレスリリース

2012年度

Bulk Carrier "GLORIOUS HOPE" を引渡し

2013.03.29

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(社長:三島 愼次郎,本社:東京都港区)は、3月29日(金)、呉事業所(広島県呉市)にて建造中のTOYO SHIPPING LINE PANAMA S.A.向けBulk Carrier "GLORIOUS HOPE" (グロリアス ホープ) を引き渡しました。
 本船は、旧アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド時代から数えて、57隻目 のFuture56型バルクキャリアで、ジャパンマリンユナイテッドとしては初めての引渡しとなりました。
 本船の特徴としては、30トン吊りのデッキクレーン×4基の装備、多様な荷役条件に柔軟に対応でき、汎用性に優れている点、コモンレール方式の電子制御式エンジン「DU-WÄRTSILÄ 6RT-flex50B」、が挙げられます。また、省エネ装置として、船尾部にL.V. フィン(Low Viscous Resistance Fin)を装備しており、推進効率の向上を図っています。

<主要目>
全    長    : 190.00メートル
  幅       : 32.26メートル
深    さ    : 18.10メートル
喫    水    : 14.038メートル
総 ト ン 数    : 31,593トン
載貨重量トン数 : 約55,851トン
主 機 関    : DU-WÄRTSILÄ 6RT-flex50B
定    員    : 25名
航 海 速 力    : 14.5ノット
船     級    : ABS