プレスリリース

2013年度

350トン型巡視船 "なつい" 引渡し

2013.06.27

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(社長:三島 愼次郎,本社:東京都港区)は、6月27日(木)、横浜事業所鶴見工場(神奈川県横浜市鶴見区)にて、建造中の海上保安庁向け350トン型巡視船"なつい"を引渡しました。

 本船は平成21年度予算により計画された350トン型巡視船4隻の4番船です。船名は、配属先の福島県いわき市を流れる「夏井川」に由来しています。

 本船は我が国周辺での海上犯罪の捜査や海難救助等の海上保安業務を担うことを目的に建造されました。そのため、船体材料にアルミ合金を採用し、ウォータージェット推進により高速化を図っています。また、遠隔監視採証装置、停船命令等表示装置、遠隔放水銃、20ミリ機関砲を装備しております。

 当社は豊富な建造実績をもとに、多様化する任務に応じた官公庁向けの船舶を建造してまいります。


<概要>
全長    : 約56.0m
最大幅   : 約8.5m
深さ    : 約4.4m
総トン数 : 約335トン 
配属先  :第二管区海上保安本部 福島海上保安部(福島県いわき市)