プレスリリース

2015年度

二重反転プロペラシステム(CRP)を搭載したセメント運搬船「絆永丸」竣工

2015.12.11

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(所在地:東京都港区、社長:三島愼次郎、JMU)は、12月8日に株式会社三浦造船所にて竣工した、株式会社ジェネック、アジアパシフィックマリン株式会社および独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構向け、総トン数5,700トン型セメント運搬船「絆永丸」に、二重反転プロペラシステム(CRP)を提供しました。

 本船は、JMUが開発した省エネ船型のバルブレス船首船型に加え、推進抵抗を減らす効果がある省エネ付加物としてL.V.Fin(Low Viscous resistance Fin)が採用されました。11月に実施された海上試運転では、従来の同規模の船に対してトン・マイル輸送効率の面で、CRPとこれらの技術を組み合わせたことによる省エネ効果も確認されています。

 JMUでは、今後も環境に対応した内航CRP船の開発を通じ、地球環境の負荷低減に貢献していきます。