プレスリリース

2016年度

SEP型多目的起重機船の受注

2016.08.01

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(社長:三島愼次郎、本社:東京都港区)は、平成28年7月27日に五洋建設株式会社(社長:清水琢三、本社:東京都文京区)より、外洋における土木工事や洋上風力発電施設の設置工事など、気象・海象条件の厳しい海域でも安定してクレーン作業を行うことができるSEP型多目的起重機船を受注致しました。

 SEPとはSelf-Elevating Platform(自己昇降式作業台船;SEP船)を意味し、着床式洋上風力発電施設の導入が活発な欧州では多数の大型SEP船が稼働しておりますが、日本で大型クレーンを搭載したSEP船の建造は国内初となります。

 本船は世界のSEP型洋上風力発電施設設置船の基本設計に多数の実績があるGustoMSC社(オランダ)が基本設計を行い、詳細設計及び建造を弊社が行います。国内SEP船では最大規模となる800t吊全旋回式クレーンを搭載し、またジャッキアップ時の位置決め時間短縮のためのダイナミックポジショニングシステム(DPS)や緊急時の人員輸送のためのヘリデッキも備えております。

 現在日本では自然に優しいクリーンなエネルギー導入を背景に、着床式洋上風力発電プロジェクトが多く計画されておりますが、本船の様な大型SEP船はそのプロジェクト推進には無くてはならないものです。当社は今まで培った船舶建造経験を活かし、今後もSEP船の建造に取組み、着床式洋上風力プロジェクトを始めとする海洋工事、海域利用、海洋開発の発展に貢献して参ります。