プレスリリース

2020年度

40万重量トン型鉱石運搬船"NSU TUBARAO"引渡

2020.09.30

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:千葉 光太郎)は、9月29日(火)、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)にて建造していた40万重量トン型鉱石運搬船「NSU TUBARAO」(エヌエスユー ツバラオ)を引渡しました。

 本船は、昨年12月に完工した本邦初の40 万重量トン型鉱石運搬船(いわゆる「ヴァーレマックス」)の2番船です。弊社が長年培ってきたデザインノウハウをもとにブラジル産鉄鉱石運搬専用船として船型の最適化が実施され、また随所に省エネ技術や環境負荷低減技術が結集された次世代ヴァーレマックスです。また本 年1 月から世界全域で施行されるSOx 排出規制に対応するべく、エンジンから排出されるガスから硫黄酸化物を除去するスクラバーを搭載しております。

【本船概要】
主要寸法        :全長 361.0m x 幅 65.0 m x 深さ 30.2 m x 喫水 23.0 m
載貨重量        :399,717トン
総トン数        :197,453
ホールド/ハッチ数 :7
船級           :NK
船籍           :リベリア

【特長】
・SOxスクラバー(*)を搭載しており、本年1月1日から一部指定海域を除いた一般海域へ適用されるSOx(硫黄酸化物)排出規制に適合しています。
・最新の解析技術による低抵抗・高効率を追求した最適船型を開発、併せて、弊社独自の省エネデバイスであるSuper Stream Duct®、SURF-BULB®の最適化により、燃費性能の向上を目指しています。
・新騒音規則にも配慮した低風圧居住区の採用により、実海域性能を向上させています。
・電子制御エンジン、低摩擦塗料、大直径プロペラの採用により、本船の燃費性能を向上させています。

弊社は今後も、経済性・環境性に優れた最新鋭のエコシップの開発・建造に努めてまいります。


* SOxスクラバーは、主機関および発電機関からの排気ガスを、装置内で散布される海水で洗浄し、SOxを分離・吸収させ、大気へのSOx排出を抑制する装置であり、船舶からのSOx排出による酸性雨等環境負荷を低減することを目的とした装置です。