舶用機器

アンチローリングタンク 実績紹介

現在までに実用化された減揺装置は、アンチローリングタンク、フィンスタビライザ、可動質量型減揺装置、舵減揺装置、ジャイロ式減揺装置、ビルジキールなどがあ ります。このうち、減揺装置として広く実績のある受動式減揺タンク、受動制御型減揺タンク、フィンスタビライザ、舵減揺装置について、技術の概略説明及び性能比較を行ってみ ました。

現在までのART搭載実績数

120隻

最新の実績・減揺タンク搭載実験

宮崎海洋高等学校漁業実習船「進洋丸」

建造所 長崎造船(株)
長さ×幅×型深さ 55.0m×10.00m×4.10m
総トン数 約640トン
竣工 平成17年3月
減揺タンク マップアート

漁業取締船「なのつ」

建造所 栗野浦ドック(株)
長さ×幅×型深さ 58.0m×9.4m×4.30m
総トン数 499トン
竣工 平成17年1月
減揺タンク マップアート

漁業調査船「北光丸」

船主殿 水産総合研究センター
建造所 新潟造船(株)
長さ×幅×型深さ 57.6m×11.9m×7.0m
総トン数 約900トン
竣工 平成16年8月
減揺タンク マップアート

漁業取締船「はまなす」

建造所 カナサシ重工(株)
長さ×幅×型深さ 55.5m×9.4m×4.3m
総トン数 499トン
竣工 平成15年11月
減揺タンク マップアート

フェリーどうぜん

船主殿 隠岐島前町村組合
建造所 興亜産業(株)
長さ×幅×型深さ 36.0m×9.0m×2.8m
総トン数 199トン
竣工 平成15年3月
減揺タンク ベストアート