無人システム

無人船

防衛装備品やメカトロ製品で培った技術を礎に無人船の開発に取り組んでいます。安全に運航できる無人船の開発にあたり、自律機能、遠隔監視、障害物回避などの機能を実証・評価する試作艇を製作し、遠隔無線操縦機能を搭載した小型船舶として公的機関からの認証を取得しました。現在も更なる機能向上を目指し自律航行船の段階的技術開発を継続しています。
無人船は将来の人口減少による人手不足問題を解決する手段の一つとしても注目されており、防衛分野にとどまらず、民間分野での幅広い活躍が期待できます。

船舶データプラットフォーム Sea-Navi®2.0

実海域を航行する船舶から航海系や機関系などのデータをリアルタイムに収集・蓄積し、船舶ビッグデータの利用・活用をご支援する新しいシステムです。安全で環境に優しい運航を支援するウェザールーティングや船体構造モニタリングなど多種多様なアプリケーションをSea-NaviR2.0プラットフォームからご提供いたします。

自動係船システム

自動係船システムは、関門航路の浚渫作業に従事している大型浚渫兼油回収船「海翔丸」が浚渫した土砂の船外排送作業を支援するシステムで、年間を通して24 時間体制で実施されるこの処理作業に従事する乗組員の負担軽減を目的としており、接岸を支援する自動離着桟システム、岸壁への自動係留装置、および浚渫土砂の自動陸上排送装置によって構成され、本船接岸から係留、土砂排送、本船離岸までの陸上側作業を全て自動で行うことが可能です。

画像認識技術

船舶等の画像を対象として、ディープラーニングを用いてその形状にどのような特徴があるかAIに学習させることで、海上を航行する船の視界中の船舶やブイといった物体を自動的に検出する技術です。画像認識を用いた周囲監視により安全かつ効率的な運航が行えるとともに、船員の見張り負担を軽減することで省人化・無人化に寄与します。JMUでは画像認識技術の実用化に向けて、開発に取り組んでいます。なお、本技術開発は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務により(一部)遂行されています。

このページの商品に関するお問い合わせ

商船・海洋・エンジニアリング事業本部
海上物流イノベーション推進部
TEL:045-264-7410

JMUディフェンスシステムズ 株式会社
本社・工場:〒625-8501 京都府舞鶴市余部下1180番地
TEL:0773-62-8718 営業部 舞鶴営業室
FAX:0773-64-6279

東京事務所:〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目3番4号 ラウンドクロス芝大門5階
TEL:03-6432-0310(代表) 営業部
FAX:03-6432-0306