技術開発

実海域性能

シーマージン低減型船首

Ax-Bow®(Ship of the year 2001受賞、Japan)、LEADGE-Bow®、Whale Back Bowの採用により、船首端での水線面形状がシャープになるので、波から受ける抵抗を低減でき、波浪中での船速低下量を低減します。実海域でのシーマージンを小さくできる技術として、実用化されています。

Ax-Bow®

LEADGE-Bow®

Whale Back-Bow

Sea-Navi®

運航最適化による省エネ・CO2削減の支援を目的として、当社独自の「運航支援システム」“Sea-Navi®”の開発を行っています。“Sea-Navi®”を搭載した船では、出航前には目的地までの燃費・定時性・荒天回避を考慮した最適航路を提示し、また航海中には日々変化する海象を考慮した最適航路の修正情報の提示、航海後には運航実績評価結果の即時提示が可能となり、低燃費で安全な運航に関する情報が提供されます。