技術開発

CFD&EFD

船舶・海洋構造物などの開発は、縮尺模型を用いた水槽試験(EFD:実験流体力学)とコンピュータによる流体シミュレーション(CFD:数値流体力学)を併用して効率的に実施されています。船型試験水槽、運動性能水槽、キャビテーションタンク等の充実した水槽設備の他、国内水槽で初めて導入された粒子画像流速装置(PIV)※により、従来は不可能であった詳細な流場の計測が可能となっています。

また、CFDにより船体やプロペラ、各種省エネ装置の流力性能を精度良く推定することができ、いずれも強力な流体性能設計ツールとして活躍しています。

  • Particle Image Velocimetry:流れに散布したトレーサー粒子をCCDカメラなどで撮影し、粒子の移動距離と方向を画像解析で求めて流れの分布を得る非接触式の多点計測法

造波CFD

CRP付船体CFD

PIV計測装置及びプロペラ前方伴流計測例

省エネ付加物CFD