技術開発

生産技術

3D-CAD設計

設計・生産効率の向上

弊社が独自に開発した、造船用の設計・製造支援コンピュータシステムです。船舶の機能設計・詳細設計・生産設計までの一貫した設計を可能にする本格的CIM(Computer Integrated Manufacturing)システムであり、設計品質の向上や設計作業の効率化だけでなく、生産性の向上にも寄与しています。

船殼(船体構造)・艤装ともに同一CAD上で設計

設計データを用いて事前に動的シミュレーションを実施することにより、工作現場で発生するであろうフィードバックを、設計段階で先取りして確認することができ、設計工程への後戻りを大幅に削減することが可能となりました。

3D作業指示システム

理解の容易な作業指示で合理的な建造作業

船殻ブロック組立作業での部材組立手順や艤装部品の複雑な取付け作業での合理的な取付け順序や部品取付位置・寸法を、理解の容易な3Dモデル表示機能を駆使して、ノート型PCやスレート型PC画面および紙資料出力で、作業者に作業指示情報の提供を行います。

3D計測システム

合わせ管計測

従来、船内で金型取り、合わせルーズ管、スケッチにより製作していた現場調整を要する管の製作効率を改善するため、当社が開発したレーザー光学式型取り管計測機システムです。
この計測機は、レーザ測距儀を用いて、フランジ間のベクトルを計測します。計測結果は、瞬時に3Dモデルにて表示され、現場の状況に応じて、曲げ位置や曲げ種類(エルボ、ベンド)をその場で編集することができます。3Dモデルからボタン一つで管の製造に必要な管一品図を自動生成することができます。また、本計測機は、艤装密度が高いく狭いスペースでの作業が多い造船現場での運用に適合するよう小型軽量化(重量:2.1Kg)を実現しています。
型取り管計測機の導入により、今まで作業効率の妨げとなっていた現場での金型製作、合わせルーズ管の合わせ、持ち運びといった無駄作業を削減し、スムーズな船内工事を実現することができます。特に現場調整管が大量に発生する艦艇や特殊船においては、効率化のメリットを最大限活かすことができ、強力な武器になっています。

3Dブロック計測システム

船殻ブロックの仕上がりを精度よく管理するため、3次元レーザスキャナを用いた計測手法を開発しました。これにより、ブロック全体を詳細な点群データで表現し、従来の手法では難しかった船体特有の曲面形状まで計測することが可能となりました。さらに、この計測データと3次元設計CADデータを照合してその差異を修正することにより、正確な船殻ブロック形状を製作することができます。

溶接ロボット

大組立溶接ロボット(津20棟大組ロボット)

大組立ラインに導入しているNC溶接ロボットシステムです。この溶接ロボットは、ワーキングブリッジに吊下げられた16台の垂直多関節ロボットで構成されており、運転データは当社独自のCAMシステムで自動生成します。新たに開発した水密円弧カラープレートの自動溶接機能やルートGAPに応じた溶接条件ライブラリの選択機能の実装により良好な溶接品質の確保と生産性向上に貢献しています。

小組立溶接ロボット(津30棟小組ロボット)

小組立ラインに導入しているNC溶接ロボットシステムです。
この溶接ロボットは、2台の垂直多関節ロボットを搭載した走行ガーダを4台配置した構成になっており、運転データは当社独自のCAD/CAMシステムによりCADデータから自動生成しています。このCAD/CAMシステムは、複数台の溶接ロボットの干渉チェックを行うと同時に最適な動作生成により効率的な自動溶接を実現しています。

自動線状加熱曲げ加工装置

匠の技を自動化

曲がり外板の複雑な3次元曲げ形状を、高周波加熱を利用した線状加熱技術で自動加工する装置です。匠の技を解析し、最新のロボット技術、センサー技術及び解析技術を組み合わせ、「技能の技術化」を実現した最先端の加工装置であり、JMUの「オンリーワン製品」として外販にも対応します。