ばら積船

長年に亘る、撒積船の建造実績を生かして、高効率の省エネルギー船を実現しました。

大型バルクキャリアは、JMUの最も得意とする商品のひとつです。長年に亘って建造実績を積み重ねたダンケルクマックス型BCは、高い信頼性、優れたパフォーマンス、省エネルギー効果など他社の追随を許さない品質を誇っています。さらにJMUでは、ダンケルクマックス型BCを一回り大型化し、浅喫水での積嵩と優れた燃費性能を両立する20万トン型BC(ニューキャッスルマックス・バルクキャリア)も多数建造し、高い評価をいただいています。また、最新技術を結集して開発したG182BC、G209BCは燃費性能を飛躍的に改善した地球環境にやさしい省エネ船です。

40万重量トン型鉱石運搬船(ヴァーレマックス)

NSU CARAJAS

本邦で建造する初の40万重量トン型鉱石運搬船(いわゆる「ヴァーレマックス」)です。JMUが長年培ってきたデザインノウハウをもとにブラジル産鉄鉱石運搬専用船として船型の最適化が実施され、また随所に省エネ技術や環境負荷低減技術が結集された次世代ヴァーレマックスです。

  • 載貨重量:約400,000t
  • 主要寸法:長さ約361m × 幅65m × 深さ約30m

ニューキャッスルマックス・バルクキャリア(G209BC)

AEGEAN CLOVER

"G209BC"は、既存船に比べて載荷容量の増大、及びGHG25%削減を目標に開発され、鉄鉱石/石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカーとして大ヒット商品になりました。低風圧居住区による風圧抵抗の削減等により、GHG削減、燃費向上を徹底的に追求。推進性能面では従来の省エネ付加物だけでなく、LEADGE-Bow®と呼ばれる船首形状を採用、実海域での波浪中の船速低下軽減を図っております。

  • 載貨重量:約209,000t
  • 主要寸法:長さ 約300m × 幅 約50m × 深さ 約25m

ダンケルクマックス・バルクキャリア(G182BC)

PELOREUS

フランスのダンケルク港要求を満足する最大船型となり、今までの豊富なケープサイズバルカーの建造実績を引継ぎ、進化・発展した最新船型です。G209BCと同様、低風圧居住区、省エネ付加物、LEADGE-Bow®が採用されております。

  • 載貨重量:約182,000t
  • 主要寸法:長さ 約292m × 幅 約45m × 深さ 約24.5m

次世代省エネ石炭船

SHOYOH

JMUの独自技術である二重反転プロペラや、船尾付加物等を初めとする省エネ装置を適用しており、従来船に比べ大幅な燃料消費量の削減を達成することが可能です。

  • 載貨重量:約97,000t
  • 主要寸法:長さ 約240m × 幅 43m × 深さ 21m

カムサマックス・バルクキャリア(J82BC)

SAKIZAYA STAR

JMUにて長い歴史を誇るパナマックスバルクキャリアの次世代船として開発されたG-Series 80,800 DWT型の更なる発展形、J-Series 82,400 DWT型(J82BC)で、種々の省エネ対策を講じて、燃料消費量を大幅に下げることにより、GHG(温室効果ガス)低減に成功した、次世代省エネ船「J-Series」のカムサマックスバルクキャリアです。

  • 載貨重量:約82,500t
  • 主要寸法:長さ 約229m × 幅 約32m × 深さ 約20m

ウルトラマックス・バルクキャリア(Future-60)

IVS NARUO

最新のFシリーズとして投入した「Future-60」は国内外を問わず、多くのお客様から高い評価を頂き、一躍ヒット商品となりました。

  • 載貨重量:約60,000t
  • 主要寸法:長さ 約198m × 幅 約32m × 深さ 約18m

砕氷型バルクキャリア

NUNAVIK

氷海域からの資源輸送のために、氷海面を自力で切り開きながら航海することの出来る砕氷型のバルクキャリアも、JMUならではの特徴ある船型のひとつです。

  • 載貨重量:25,000t
  • 主要寸法:長さ 188.8m × 幅 26.6m × 深さ 15.7m